ねこ絵描きのたまたま日記

ねこ絵描きこと大地義彦の作品紹介や展覧会・アート情報をたま〜に配信するブログです。

製作過程

パステル画「Afternoon Tea」製作過程5

前回までの制作で気づいたこと

1.背景が花の半分程で空と緑に分かれている。実際こんな感じではあったのだが、空の白い部分で花の形がはっきりしてしまうので上までグリーンにしたほうがバランスもとりやすいのではないか。

2.左上のピンクの花はバランス的にいらないのでは。

3.テーブルの端が白すぎないか。

以上の3点が気になったのでとりあえず修正してみました。

パステル画製作過程6




















どうでしょう?花も左側はまだできていませんが、背景の白がなくなったのですっきり収まったような気がします。
花瓶(グラス)も描き入れました。すると、なんだかティーカップが花瓶にかぶり過ぎのような気がしました。
なので次回はもう少しティーカップを左下にしたいと思います。ついでにカップ自体の形もしっくりこないので変えてみようと思います。

ギャラリータグボートで一部作品販売中です!

色鉛筆画関連書籍はこちらです。
パステル画関連書籍はこちらです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ←クリックでランキングがあがります、応援宜しくね〜♪

ギャラリーサイト「UNO ART GALLRY」

パステル画「Afternoon Tea」製作過程4

さて、全体に大まかな色を置きましたら、描き込んでいきます。
どこから描きき進めるか?僕の場合は「好きなとこから描く」です(笑)。描きたいとこ、好きなとこから描けばいいと思います。
背景から描くとか、パステルは粉が落ちて汚れやすいので左上から描いていくとか聞いたことがありますが、人それぞれでいいんじゃないでしょうか。
とりあえず花瓶の花から描き始めました。今回の作品は、今までのように細かくきっちり描かず、ざっくりとしたタッチの雰囲気の作品にしたいと思います。

パステル画製作過程4




















なかなか花を大まかに描くのが難しく、四苦八苦しています。時間がかかってなかなか進まないので花は中断してティーポット移りました。
よくあることなのですが、一箇所でなかなか思うようにいかずにイライラした時は、気分転換に背景や別な部分に移ったりします。時にはしばらく描かなかったりしすることもあります。
花の背景も塗り進めてみました。カウンターの窓から見える景色なのですが、ここまで進めて気づくことが沢山あります。それはまた次回にしたいと思います。

パステル画製作過程5




















ギャラリータグボートで一部作品販売中です!

色鉛筆画関連書籍はこちらです。
パステル画関連書籍はこちらです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ←クリックでランキングがあがります、応援宜しくね〜♪

ギャラリーサイト「UNO ART GALLRY」

パステル画「Afternoon Tea」製作過程3

下描きが終わったら全体にベースになる色を大まかに塗っていきます。
このとき、下描きの線をよけずに隣り合う色が重なるくらいに塗るようにします。指で擦り込みながら画面の上で混色するように、平塗りしてい きます。大まかな明暗もとらえてみましょう。

パステル画製作過程3




















ギャラリータグボートで一部作品販売中です!

色鉛筆画関連書籍はこちらです。
パステル画関連書籍はこちらです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ←クリックでランキングがあがります、応援宜しくね〜♪

ギャラリーサイト「UNO ART GALLRY」

パステル画「Afternoon Tea」製作過程2

さて、制作過程2回目です。今回の絵のモチーフ、近所の喫茶店の窓際にあるカウンターからの風景です。風景というかカウンター上の静物がメインですね。

パステル画製作過程2




















下描きは木炭パステル鉛筆を使うことが多いですね。下描きの線は細かく描かず、大まかに形や大きさを捉えます。
とがった鉛筆で強く描いたりしますと、消しづらかったり跡が残ったりするので気をつけてください。
下描きしたのはガラスの花瓶に入った花、ティーカップとティーポットです。

それでは今回はこの辺で〜(ひっぱるなぁ 笑)

ギャラリータグボートで一部作品販売中です!

色鉛筆画関連書籍はこちらです。
パステル画関連書籍はこちらです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ←クリックでランキングがあがります、応援宜しくね〜♪

ギャラリーサイト「UNO ART GALLRY」

パステル画「Afternoon Tea」製作過程1

今までやったことがなかったので今回はパステル画の製作過程をアップしようと思います。これは私流の描き方ですので、こうしなければならないということは全くなく、あくまで参考としてご覧になっていただければと思います。
なを、画材に関してはリンクがついてるものは詳細をご覧になれます。

パステル画製作過程1




















今回はMBM木炭紙を使いました。木炭紙ということでパステルの乗りがよく、丈夫です。
ただ白しか無いようなので、今回は水張りして透明水彩
で下地の色を付けてみました。白地にそのまま描いてもいいのですが、ハイライトが見づらいのと摺りこみが少々面倒になるので塗ってます。
水張りも、紙が130gと厚めなのでしなくていいかもしれません。ただピンと張った紙に描くのはとっても気持ちがいいですよ♪
下地の色は描くモチーフに合わせて好きな色にしてください。今回は下地の色を塗ってから下描きをしますが、先に下描きをしてからそれに透明水彩アクリルで大まかな固有色を塗る方法もあります。

なんだか長くなってしまったので残りは次回にしたいと思います。それではお楽しみに〜♪(楽しみにしてる人いるのかなぁ? 笑)

ギャラリータグボートで一部作品販売中です!

色鉛筆画関連書籍はこちらです。
パステル画関連書籍はこちらです。

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画・色鉛筆画へ にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ←クリックでランキングがあがります、応援宜しくね〜♪

ギャラリーサイト「UNO ART GALLRY」

プロフィール
デッサンする猫
コメントよろしくにゃん。

本館ギャラリーサイト↓↓↓
『大地義彦 Art Gallery』

フェイスブック↓↓↓
大地義彦
e-poketサーチ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
お勧め色鉛筆
お勧めリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ